幼児 虫歯

幼児の虫歯

幼児 虫歯

 

長く母乳や哺乳瓶による吸引を続けていると、幼児の虫歯発症のリスクを高めます。

 

母乳育児は、良い習慣ですが長期間の継続的な母乳育児は幼児の虫歯のリスクを高めることに
なります。

 

 

歯が生え始めた幼児は、ようやく離乳食から完全食へと食の移行ができるようになります。

 

 

 

しかし、炭水化物、糖はミルクよりももっと多くの食品細菌を口の中に残すことになります。

 

近年は、比較的早い年齢で虫歯になる幼児が多いです。そして、
幼児期の虫歯は急速に広がっています。

 

 

この時期の虫歯はひどくなると、歯の損壊を招き、生涯を通じて虫歯を持っていることの
リスクが高くなってしまいます。

 

 

早期虫歯は、学習する意欲も削いでしまう危険性も指摘されています。
それほどまでに、歯の健康を幼いうちから損なうことは深刻なことなのです。

 

 

大部分が虫歯だというような深刻な症状の治療法は、歯の根管治療か歯の削除が必要な場合もあります。
満3歳には早くも行われ、多くの場合、全身麻酔下での治療となります。

 

 

 

 

 

幼児期の虫歯の初期段階では、歯の上に白い斑点や線があるように見えることがあります。
これらの斑点や線は、頻繁に歯の縁に沿って現れます。
その状態が進むと、これらは茶色に変色していきます。

 

 

 

茶色に変色すると、急速に悪化して重度の歯の問題を引き起こす可能性があります。

 

 

日頃の、子どもたちの歯のチェックは怠らないようにしてください。
少しでも、上記のような症状が見つかったら早めに歯医者さんに診察してもらってくださいね。

 


幼児の虫歯について関連ページ

赤ちゃんの歯のケア
赤ちゃんの歯のケアに関する情報です。良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。