赤ちゃん 歯 ケア

赤ちゃんの歯のケア

赤ちゃん 歯 ケア


適切な歯のケアは重要であり、赤ちゃんの誕生から歯のケアは始まります。赤ちゃんには20本の乳歯が生えてきます。

話すことや噛むためには健康な歯があってこそです。

 

赤ちゃんはある程度歯が生えるまで、最初の歯科検診は通常予定されていないので、ほとんどの新しいお母さんは新生児や幼児の口の世話をどうやってしたらいいのか、分からない現状があります。

 

 

それではこれから、赤ちゃんや幼児の口の中の衛生状態を良くして、赤ちゃんの歯を健康に保つためにするケアの方法を、5つ紹介していきましょう。

 


1.1日に2,3回、歯と歯茎をきれいにしてください。最初の歯が出始めている歯茎も、濡れ布巾やガーゼパッドで丁寧に拭いてあげましょう。

 

それはそれは沢山の、赤ちゃんの歯のケアのための歯磨き粉や歯ブラシなどが市場に出回っていますが、フッ化物の配合された子供用歯磨き粉は、まだ小さい赤ちゃんには不要です。

むしろ、酵素入りの歯磨き粉などを使う方が良いです。酵素は、砂糖やでんぷんの原因となる細菌のいくつかを撃退します。そして、それは飲み込んでも無害です。

 


2.定期的に赤ちゃんの歯の検診に行きましょう。歯の表面に不自然な白または茶色の斑点に気づいたら、歯科医にすぐに診てもらった方がよいです。

 


3.赤ちゃんや幼児の歯を強くするため、フッ素塗布を検討してみてください。飲料水中にものフッ化物が含まれています。あなたのお住まいの地域の水はフッ素化されているかどうかを調べるために、市役所あるいは水道局に確認してみてください。

 

 

 

 


4.バランスの取れた食事を食べさせてください。ジュースとお菓子は、制限ありで。

赤ちゃんや幼児が食べるジャンクフードやお菓子は味は薄めですが、摂り過ぎは良くないです。不要な砂糖を早い年齢で摂ることにより、成長に支障を来たすこともあります。

子供に与えるジュースは、水で薄めてください。


赤ちゃんに薄めたりんごジュースなどを哺乳瓶で与えるとき、赤ちゃんを寝かしつけのために与えるのはお勧めできません。赤ちゃんが眠るとき口の中では、歯に直接付着する甘い物質を洗い流すための十分な唾液が分泌されないので、放置すると虫歯になってしまいます。

 

歯が生え始めの頃に、虫歯になり治療することは、歯の健康並びに子供の精神衛生にも良くありません。


 

 

5.毎日朝と晩には絶対に、歯磨きを実行しましょう。お子さんが大きくなってきたら、一緒に磨きましょう。赤ちゃんや幼児は、家族の誰もが行うものとして歯磨きに興味を覚え始めるでしょう。案外、お母さんが楽しそうに歯を磨いていたら、抵抗なく歯磨きができるようになります。


赤ちゃんの歯のケア関連ページ

幼児の虫歯について
このサイトは、幼児の虫歯についてに関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。