赤ちゃん セーフティーグッズ

赤ちゃんのセーフティーグッズについて

赤ちゃん セーフティーグッズ

 

赤ちゃんを家の中の危険から守るためのセーフティーグッズには本当に色々なものがあります。

 

 

例えば、ベビーフェンスやベビーゲート。これは、よく聞きますね。
あとは、ベビーサークル。最近、売れ筋だということです。

 

 

また、他にはコンセントガードやコーナーガード、引き出し止めなど。
これは、色々な状況に対応して作られた安全柵ですね。

 

 

 

 

ところで、ベビーフェンス、ベビーゲート、そしてベビーサークルというのは、どれも安全柵の名称です。
ベビーフェンス、ベビーゲートは、赤ちゃんが入ると危険な場所に取り付けます。例えば、キッチンや玄関まわり、階段などです。

 

 

これを設置しておけば、多少目を離す時間があっても、赤ちゃんが危険な場所に入ってしまうことはありません。

 

また、キッチンなど大人がよく出入りする場所には、ベビーゲートを設置しておくと、開閉式の扉が付いているので出入りに便利でしょう。

 

 

さて、赤ちゃんがハイハイをする月齢になると、ほんのちょっとの段差から落ちたりすることがあります。

 

 

例えば、玄関の段差などです。この場合は、ベビーフェンスでいいと思います。

 

 

 

ベビーフェンスというのは、どういうものかと言うと、ネット上になった網がついていて、突っ張り棒で固定して設置する安全柵です。
ベビーフェンスは、開閉式ではありません。

 

 

 

一方、赤ちゃんをサークルで囲む形状のもので、ベビーサークルというものがあります。
その用途は、部屋に置くことによって、サークル内から赤ちゃんが出ないようにするものです。

 

 

 

ベビーサークルには、赤ちゃんを退屈させないように、色々なおもちゃが初めからついているものが多いです。
赤ちゃんは、それを喜んで触って遊ぶことでしょう。

 

 

 

さて、つかまり立ちができるような月齢になると、赤ちゃんは色々な場所でつかまり立ちをするようになり、まだまだ不安定な状態から転んでしまい、勢い余って机やタンスの角で頭をぶつける可能性が出てきます。

 

 

 

 

そうなりそうな危険な場所には、初めに衝撃緩衝材を付けるなどして、考え得るあらゆる危険から遠ざけてあげましょう。赤ちゃんは、好奇心のかたまりですから、本当にあらゆる考えもしない所に行ってしまいます(^_^;)

 

 

 

 

当然、赤ちゃんはコンセントの穴などにも興味を示します。そのちいさな指で色々触ったり、物を入れてみたりします。

 

 

これもやはり危険なので、コンセントの穴をコンセントガードで塞いでおくといいでしょう。

 

 

 

今は、市販で便利な数多くのセーフティーグッズが出回っています。ぜひ、色々検討して使ってみてください。

 

 

 


赤ちゃんのセーフティーグッズについて関連ページ

赤ちゃんへ安全柵のススメ
赤ちゃんは、ほんの少しでも目を離すと、本当に思わぬことをしてしまうものです。
ストーブガードについて
安全柵のうちの1つに、「ストーブガード」があります。
ベビーゲートについて
ベビーゲートは、安全柵の中でも一番よく使われていると思います。
ベビーゲートの機能
最近のベビーゲートは、とても機能的でママ達のことをよく考えてくれていると思います。
ベビーゲートのタイプについて
ベビーゲートは、安全柵の中でも人気が高いです。そして、さまざまな種類のものがあります。
おくだけとおせんぼ
この頃ではこの作業の工程さえ省力された新しい、もっと簡単に設置できる安全柵が登場しています。
ベビーサークルについて
赤ちゃんが遊びながら過ごせる楽しい場所を作り出す安全柵として、部屋の中央などに設置して使う「ベビーサークル」があります。
ネットタイプのベビーサークルは便利!
この頃は、新たにネットタイプのベビーサークルも登場し始めました。
大型サイズの安全柵について
ベビーサークルも昨今のものは、年々大型化しています。
ベビーゲート人気商品
ベビーゲートの人気の商品について紹介しています。
日本育児さんのサッシゲイトについて
日本育児さんで取り使っているサッシゲイトについて紹介しているページです。