日本育児 サッシゲイト

日本育児さんのサッシゲイトについて

標準的なな安全柵は、赤ちゃんが主にキッチンに一人で入らないようにするために、

 

または目を離した隙に階段を上らないようにするため、玄関などの段差部分から落ちたり転倒しないように、という用途で使用されてきました。

 

 

そのため、部屋の出入口や、キッチンとの境界線、階段の下や玄関の前などに安全柵を設置しました。

 

しかし、赤ちゃんが出入りしそうな場所はそれ以外にも色々あります。

 

 

それが、窓です。

 

 

特に、夏場などに窓をよく網戸だけで開けたままにしている時期は、つかまり立ちの赤ちゃんが網戸につかまって、網戸をそのまま破ってしまいそうになる危険があります。

 

近年、よくニュースでも問題になっていますね。

 

 

 

 

最近は、「窓」や「網戸」などのいわゆる狭すぎて付けられなかったものに取り付けができるゲートが登場しました。

 

その商品が、日本育児さんの「サッシゲイト」です。

 

この商品はかなり画期的なんです。この安全柵は、なぜ今までなかったのかと思うほど便利なものだと思います。

 

 

サッシゲイトは、窓や網戸に設置したまま開け閉めができるので大変便利です。

 

そして、両方の方向に開閉できるために、外へ出る時、中に入る時、どちらの状況でも対応できて便利ですね。

 

 

 

赤ちゃんが簡単に開けれないようにロック機能も当然付いているので安心です。

 

窓を閉めたいときに、その度にゲイトを外す必要がないので、自由に開け閉めができるのはとても画期的です。

 

これで、赤ちゃんが窓の外にでるのが心配だからと、夏場などに窓を閉めきらなくても大丈夫です。

 

 

 

この「サッシゲイト」の取り付け幅は、本体だけを使用するなら、74cmから84cmです。

 

そして、別途で拡張フレームとパネルを使えば、84cmから122cmまで可能となっています。

 

 

窓のサイズも個々の家によって色々違うために、かなり融通がきくように作られています。

 

 

 

サッシゲイトの本体価格は、7,870円です。

 

拡張フレームの価格は、1,200円で拡張パネルは、1,580円です。

 

 

サッシゲイトの本体↓


 

拡張フレーム↓

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本育児 サッシゲイト専用拡張フレーム
価格:1200円(税込、送料無料) (2017/10/7時点)


 

 

拡張パネル↓

 


 

 

日本育児さんのサッシゲイトについて関連ページ

赤ちゃんへ安全柵のススメ
赤ちゃんは、ほんの少しでも目を離すと、本当に思わぬことをしてしまうものです。
赤ちゃんのセーフティーグッズについて
赤ちゃんを家の中の危険から守るためのセーフティーグッズには本当に色々なものがあります。
ストーブガードについて
安全柵のうちの1つに、「ストーブガード」があります。
ベビーゲートについて
ベビーゲートは、安全柵の中でも一番よく使われていると思います。
ベビーゲートの機能
最近のベビーゲートは、とても機能的でママ達のことをよく考えてくれていると思います。
ベビーゲートのタイプについて
ベビーゲートは、安全柵の中でも人気が高いです。そして、さまざまな種類のものがあります。
おくだけとおせんぼ
この頃ではこの作業の工程さえ省力された新しい、もっと簡単に設置できる安全柵が登場しています。
ベビーサークルについて
赤ちゃんが遊びながら過ごせる楽しい場所を作り出す安全柵として、部屋の中央などに設置して使う「ベビーサークル」があります。
ネットタイプのベビーサークルは便利!
この頃は、新たにネットタイプのベビーサークルも登場し始めました。
大型サイズの安全柵について
ベビーサークルも昨今のものは、年々大型化しています。
ベビーゲート人気商品
ベビーゲートの人気の商品について紹介しています。