赤ちゃん 安全柵 ベビーゲート

ベビーゲートについて

赤ちゃん 安全柵 ベビーゲート

 

ベビーゲートは、安全柵の中でも一番よく使われていると思います。

 

 

家の中は、赤ちゃんにとっては危険がいっぱいです。特に危険な所は、やはり階段や台所ですね。

 

台所は、食器棚や冷蔵庫、ガスコンロなど大人にとっては何でもない便利な設備が揃っていますが、赤ちゃんにとってはとても危険がいっぱい潜んでいます。

 

 

ところで、赤ちゃんはボタンを押すことやドアを開けてみることが大好きですよね。
私の子供も、おもちゃのボタンを何回も押しては喜んでいます。

 

 

実際の台所に赤ちゃんが入った場合、ガスコンロのボタンを押してみたり、冷蔵庫の扉を開けてみたり、もしくは食器棚のそばでウロウロして、上から割れ物が落ちてくる可能性だってあります。

 

 

また、包丁はもちろん、お箸やフォークなどの先端が鋭利なものがあり、とても危険です。

 

 

ベビーゲートを使っていても、やはり包丁などの本当に危険なものは、引き出しロックをつけた引き出しに入れておく必要がありますね。

 

 

 

さて、赤ちゃんが台所に入らないようにするためにはどうすればよいでしょう?そんな時に、活躍するのはベビーゲートです。

 

 

 

台所は、大人がよく出入りするので、ベビーゲートであれば開閉式なので便利ですね。
ベビーゲートといっても、いろいろな素材があります。木製や布製やプラスチック製などなど。

 

 

 

どれも基本的には、女性でも持ち運びが比較的簡単にできるように、割合軽くコンパクトに作られています。
設置も簡単で、不器用な私でも壁や柱などにすぐ取り付けられました。

 

 

 

近頃は、扉が開いていても自動的に閉まってくれるという親切なものが多くなっています。
忙しいお母さんがつい閉め忘れても大丈夫ですね♪

 

 

 

ベビーゲートをつけ始める時期は、赤ちゃんがハイハイを始めた時だと思います。
自由に色々なところへ動けるようになったら、早めに設置した方がいいです。

 

 

 

大体は生後6ヶ月くらいからハイハイをするようになるので、そのころまでにはネットや育児雑誌などで色々検討して、早めに準備しておきましょう。

 

 

 

コンパクトといっても、保管に場所をとりますので、出産前からはわざわざ準備する必要はないでしょうが、一応こんなものがあるんだ、ということが分かって下されば幸いです。

 

 


ベビーゲートについて関連ページ

赤ちゃんへ安全柵のススメ
赤ちゃんは、ほんの少しでも目を離すと、本当に思わぬことをしてしまうものです。
赤ちゃんのセーフティーグッズについて
赤ちゃんを家の中の危険から守るためのセーフティーグッズには本当に色々なものがあります。
ストーブガードについて
安全柵のうちの1つに、「ストーブガード」があります。
ベビーゲートの機能
最近のベビーゲートは、とても機能的でママ達のことをよく考えてくれていると思います。
ベビーゲートのタイプについて
ベビーゲートは、安全柵の中でも人気が高いです。そして、さまざまな種類のものがあります。
おくだけとおせんぼ
この頃ではこの作業の工程さえ省力された新しい、もっと簡単に設置できる安全柵が登場しています。
ベビーサークルについて
赤ちゃんが遊びながら過ごせる楽しい場所を作り出す安全柵として、部屋の中央などに設置して使う「ベビーサークル」があります。
ネットタイプのベビーサークルは便利!
この頃は、新たにネットタイプのベビーサークルも登場し始めました。
大型サイズの安全柵について
ベビーサークルも昨今のものは、年々大型化しています。
ベビーゲート人気商品
ベビーゲートの人気の商品について紹介しています。
日本育児さんのサッシゲイトについて
日本育児さんで取り使っているサッシゲイトについて紹介しているページです。