ベビーシャワーとは?

アメリカの素敵な風習、ベビーシャワーを知ろう

ベビーシャワーとは?

 

ベビーシャワーとは、臨月になった女性へ(夫婦へ)赤ちゃんのものを贈って祝うアメリカの風習のことです。

 

伝統的に、ベビーシャワーは家族の最初の子のためにのみ与えられ、初めて第一子を妊娠した女性が招待されました。

 

女性が子育ての知恵を周りの人たちから頂き、母親になることの決心を自覚するためということが元々の始まりであったようです。

 

 

しかし最近のアメリカでは第二子、第三子誕生の折も、ベビーシャワーをする親が増えているようです。

 

 

 

ベビーシャワーは、洗礼としての降誕という古くからのヨーロッパのお祝いに代わるものです。しかし、ごく最近のベビーシャワーとして知られているものは、そんなに堅苦しいものではないようですが・・。

 

 

 

贈り物を催促しているみたいな感じで失礼という考え方から、ホストは家族身内ではなく親しい友人がする場合が多いみたいですが、一部ではその家の祖母がホストになることもあるとか。

 

 

 

 

 

ベビーシャワーが開催されるためのルールはあまり堅苦しくはありません。ゲストとエンターテイメントのスタイルの数はホストによって決定されます。

 

 

確固たるルールはありませんが、ほとんどのホストは、ベビーシャワーに女性だけを招待します。

 

ベビーシャワーを開催するホストは、ベビーフードを味わうことや赤ちゃんの誕生日や性別を推測するゲームなどを企画するなど、ベビーシャワーを楽しくアレンジします。

 

 

 

 

日本では、赤ちゃんが出産した後に出産祝いを頂いたりはしますがお祝い事は「お宮参り」が初めてですよね。
アメリカでは臨月の女性を囲んで女性達だけで、これから生まれてくる赤ちゃんのことを色々思いを馳せながら楽しむパーティーがあると聞いて、ワクワクしました。

 

 

 

 

ベビーシャワーでは、子育てをしている先輩ママも沢山集まると聞きます。出産の悩みもこれから始まる子育ての悩みも、集まった先輩ママ達から聞ける機会が、日本でも増えたらいいですね!