赤ちゃん 乳離れ

赤ちゃんの乳離れはどういうふうにすればいい?

赤ちゃん 乳離れ

赤ちゃんの離乳時期はタイミングが難しいとよく聞きます。どのくらいの月齢で乳離れを敢行すれば良いでしょう。

 

ほとんどの赤ちゃんは、最初の歯が生える時期(約5か月か6か月くらい)が乳離れする準備ができている年齢といえます。

 

さて、乳離れにはどのくらいかかるのか?6か月くらいで開始する必要があるのか?乳離れを行うための最善の方法は何ですか?
などなど、沢山の疑問点があると思います。

 

あなたの赤ちゃんの乳離れを助けるために、子育て掲示板上の小児科医やご両親、私自身の体験をもとに色々まとめてみました。

 

 


母乳または哺乳瓶からの離脱が赤ちゃんの乳離れへの鍵

多くの親は、わが子を乳離れさせることが難しいと感じ、それが永遠にかかるような感じを受けるみたいです。
今まで、母乳や哺乳瓶べったりだった赤ちゃんに、それ以外のものを食べさせることにストレスを感じることが多いと聞きます。

 

 

それら離乳食と呼ばれるものを極端に嫌がる赤ちゃんも多いです。

 

まずは、母乳や哺乳瓶からの移行としてカップでミルクや母乳を飲ませることから始めましょう。
カップで飲むことは、両手の開発を刺激して、食事時間や家族との対話を促進します。

 

 

両端に持ち手がある柔らかい素材の底が浅いカップに少しミルクを入れて、はじめは手伝ってあげながら少しずつカップで飲む感触に慣れさせましょう。

 

母乳や哺乳瓶授乳から離乳時期

早くて6か月くらいには、赤ちゃんにカップを導入することをお勧めします。
赤ちゃんが乳離れできる準備ができているかを確かめるには、次のような点に留意しましょう。

 

母乳であげている時に、数回吸ったあと止まったりして乳房を拒否する

 

授乳しながら、簡単に気が紛れる(ながら吸い)

 

カップから飲むことへの関心の高まりを示している

シッピーカップへの道:赤ちゃんを乳離れさせる方法

赤ちゃんの乳離れの準備ができていると判断されたら、スムーズに乳離れさせたいですよね。
乳離れさせる最良の方法はどのようなものがあるでしょう。

 

 

 

乳離れさせると決めてから、五日から七日間哺乳瓶を使うのをやめてシッピーカップであげてみる。

 

 

カップに入れるはじめのミルクの量はごくごく少なく、だんだんと慣れてきたら増やしていく。

 

 

ミルクの他にも薄めた果汁などをシッピーカップに入れて与えてみましょう。

 

 

カップをおもちゃのように扱うことは禁止してください。あくまでも、ミルクや果汁を飲む場合に使用するようにしましょう。

 

 

カップで飲めるようになるまでにはどのくらいかかるでしょう。
それは、赤ちゃんによって異なりますが、一般的には、数週間か数か月までです。

 

赤ちゃんの乳離れは、その赤ちゃんの月齢や発達だけではなく、乳離れを敢行する親の一貫性にもかかっています。

赤ちゃんの乳離れはどういうふうにすればいい?関連ページ

母乳中の食べ物
このサイトは、母乳中の食べ物に関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。