ベビーベッド(中古)

ベビーベッド(中古)に関するアドバイスとヒント

ベビーベッド


おめでとう!あなたは、妊娠をしたことを知りました。第二子の妊娠であっても、ベビーベッドを見ておく必要があります。

 

あなたはすでにベビーベッドを持っていますか?それは中古ですか?新しく生まれる赤ちゃんのためにベビーベッドは、中古品なら、安全性をしっかりと確かめておく必要があります。


 

ねじ、ボルト、およびその他の留め具はすべて所定の位置にあるはずです。それらが緩んでいませんか?赤ちゃんの体重の下にマットレスホールドの位置が正確にありますか?

 

 

それはベビーベッドに赤ちゃんを寝かせる前にテストすることが不可欠です。約4か月であなたの赤ちゃんの体重に接近するマットレスを選んでください。大体、4ヶ月たったらこのぐらいだな・・という位置に赤ちゃんの体重をホールドしてくれるマットレスを選びましょう。

 

マットレスが合っていない場合、赤ちゃんに大怪我をもたらすかもしれません。

 


赤ちゃんのお部屋にベビーベッド(中古)を置く場合、慎重に検討しましょう。窓の近??くにベビーベッドを置き、ベネチアンブラインドを持っている場合は、あなたの赤ちゃんが手に取ることができないぐらいコードを短くするか、あるいはそれらをどこか赤ちゃんが持たないところに遠ざけて下さい。

 

 

できるだけベビーベッドは、窓のそばに置かない方がいいかもしれません。赤ちゃんがよちよち歩きするようになり、ベビーベッドから抜け出そうとするとき落ちて、大怪我をするかもしれません。

 

 


毛布が赤ちゃんと相性が良いとは限りません。 今日のSIDSの事件では、赤ちゃんの寝ている場所にどのように毛布やタオルがかけてあったかも問題になっています。

 

 

ベビーベッドに赤ちゃんを寝かせるためには、そのような毛布やタオルのかけ方も慎重にする必要があります。。赤ちゃんに毛布をかける必要がある場合は、周囲にしっかりと毛布を押し込みましょう。

 

 

できるならマットレスの下の方まできっちりと押し込んだ方がいいです。また、窒息を防ぐため、赤ちゃんの胸より上の方まで毛布等をかけないでください。

 

 

 

 

 


バンパーパッドは重宝しますが、それらが正しく固定されていないと、マットレスとバンパーの間に赤ちゃんが滑りこんでしまい、窒息する危険性があります。それらを使用する場合、少なくともベビーベッドのコーナーを含んだ8つの場所で、1つずつ固定され、均等に配置されるべきです。トップとボトムのために、全部で16箇所固定する場所があるはずです。

 

 


ベビーベッドの上で揺れるモビールは、可愛らしく見えますが...ここで注意は、赤ちゃんが自ら立ち上がることができるようになると、危険です。その時期になると、しまった方がいいでしょう。

 

また、取り外すときは、小さな部品を落とさないように慎重にしまいましょう。赤ちゃんが、好奇心で口に入れのどを詰まらせてしまう危険があります。

 

あなたのベビーベッドがもし上の子の続きで使っていたり、マットレスを入念に調べることなく使っていたりする場合は、マットレスのカバーに亀裂や穴がないことを確認しましょう。

 

マットレスが正しくベビーベッドにフィットしていることを確認してください。マットレスは、ベビーベッドにぴったりと収まるようにしてください。間が空いていると、そこに赤ちゃんの頭が滑りこんで窒息する危険性があります。
ベビーベッドで使うシートも適切に収まるようにして、スライドしないでください。シートのストッパーはマットレスの下まできっちりと入れてください。

 

 


マットレスの位置はあなたの子供の安全のために不可欠です。生まれたての赤ちゃんを寝かせるとき、どうしてもまだ活発に動かないので、お世話しやすいようにマットレスの高さを高くしがちです。

 

 

しかし、赤ちゃんがより活発になるにつれ、それに応じてマットレスを下げるようにしないと危険です。赤ちゃんが立ち上がることができるようになったら、赤ちゃんの立ち上がった頭の高さでサイドバーが来るように、マットレスやベッドの底の高さを低くする必要があります。

 

 

子供の頭がサイドバーの上にあるか、または彼らがベビーベッドから抜け出すなら、それは多分レギュラーベッドに移行するタイミングだと思います。こうしてベビーベッドは、子供の成長と供に変化し、ついにはベビーベッド卒業。となります。

 


最後に、ベビーベッド自体が危険な場合もあります。あなたは、エンドボードに刻まれた凝ったデザインをしているベッドを見たことがありますか?それらのベッドは美しいですが、赤ちゃんへ危険をもたらすかもしれません。頭や腕や足をはさむ危険があり、怪我するかもしれません。

 

 

 

ベビーベッドはシンプルなデザインがベストでしょう。

 


ベビーベッド(中古)に関するアドバイスとヒント関連ページ

ベビーベッドのデザインと機能性について
ベビーベッドのデザインについての情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。
ベビー寝具とアクセサリー
ベビー寝具についての情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。
ベビーベッドの安全基準
ベビーベッドの安全基準についての情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。