赤ちゃん あせも

赤ちゃんのあせもの特徴

赤ちゃん あせも

 

あせもは、赤ちゃんや子供が暑い気象条件やぴったりした衣服の摩擦によって、小さな赤い湿疹ができる状態のことをいいます。

 

 

高温多湿な条件下、夏の間に発生することが多いですが、冬に発生することもあります。夏に発生する発疹が主に「あせも」と呼ばれています。

 

 

 

赤ちゃんや子供は大人よりも汗腺が小さいので、たくさんの汗をかくときに毛穴が詰まりやすく、炎症を起こしやすいものです。

 

 

 

あせもは主に、胸やお腹、腕や脚、股部分やおしりのひだにできます。あせもは、とてもかゆみを伴いますので、小さな赤ちゃんにとっては非常に不快な状態となります。

 


あせもの治療方法

 

1. 赤ちゃんを風通しのいいお部屋に寝かせます。衣服を全部脱がせるか緩めの服を着せます。綿のタオルの上に赤ちゃんを寝かせると、汗を吸収してくれます。

 

 

2. あせもの発疹を冷やします。冷やすことによってかゆみを緩和することができます。
冷えた湿っている布(ガーゼハンカチ)を使用してください。拭いた後にそのまま自然乾燥させると、後にまた発疹のかゆみがぶり返してしまうので、患部はタオルできちんと拭いて乾かしましょう。

 

 

(あせもの状態がひどい場合はこの後、病院から処方された塗り薬を塗ってあげてください)

 

 

3. 赤ちゃんの部屋は、適度な室温を保ちましょう。暑すぎず寒すぎずです。夏は29度設定。冬は17度設定が好ましいでしょう。このようにエアコンや扇風機を使用しても構いませんが、赤ちゃんに直接冷気が当たらないように気をつけましょう。

 

 

 

4. 赤ちゃんの爪は定期的にチェック。短めに切っておきましょう。あせもの患部がかゆい場合、赤ちゃん自身が患部を傷つけないようにするためです。就寝時に、ミトンを付けてあげるのもいいでしょう。

 

 

おしりのひだなど、乾燥しにくい場所は、コーンスターチ(ベビーパウダー)を使用してください。

 

赤ちゃんのあせもを治療する方法関連ページ

赤ちゃんの湿疹やニキビ
赤ちゃんの湿疹やニキビについて。このサイトは、赤ちゃん育児に関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。
ベビーパウダーとは
赤ちゃんのスキンケアについて。このサイトは、赤ちゃん育児に関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。
赤ちゃんのおむつかぶれについて
赤ちゃんのスキンケアについて。このサイトは、赤ちゃん育児に関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。
赤ちゃんの顔の湿疹を治す6ステップ
赤ちゃんのスキンケアについて。赤ちゃんの顔に出来る湿疹、やっかいですね。このサイトではどのようにして赤ちゃんの顔の湿疹を治せばいいかを解説しています。
アロベビーのミルクローションは、乳児湿疹に効くのかを検証!
前から気になっていたアロベビーのベビーローションをほっぺの乳児湿疹がひどい娘に使ってみました。その記録です。