赤ちゃん 反射

赤ちゃんの反射のはなし

赤ちゃん 反射


赤ちゃんは最初の数週間の間に身体を保護するために特定の反射神経を持って生まれてきます。

これらの反射は、数週間後に消え、赤ちゃんの成長中に随意運動に置き換えられます。



医師は、赤ちゃんの中枢神経系が正常に機能していることを確認するために、これらの反射神経をチェックします。


あなたが赤ちゃんの姿勢を真っすぐにして抱っこし、床に足をおくようにすると、赤ちゃんの足が歩こうとするかのように見えることでしょう。この反射は約3-4週間持続します。でも実際歩き始めるのは満1歳を過ぎてからということになりますが・・。


お腹の上に抱っこすると、赤ちゃんはクロールをするような姿勢を取るだろうし、足はくの字に曲がっていますが、その後段々と、平らにできるようになってきます。


指で赤ちゃんの頬に手を触れてみてください。赤ちゃんは指に向かって口を動かし、食べ物を探そうとします。この反射は、約12週間持続します。


赤ちゃんの手のひらに指を置くと、赤ちゃんはその指を掴もうとします。この不随意運動は、約3ヶ月間持続します。


赤ちゃんの口の中にあなたの指を入れると、赤ちゃんはそれを吸うでしょう。この反射は、生まれたばかりでもお乳を上手に飲むことから分かります。


 

 

 


赤ちゃんは、水中出産時、またはスイミングプールのいずれかにいるとき、水を飲み込まないように閉じます。これは、水の中で生まれた場合、赤ちゃんが溺れないでしょうし、彼はまた、天然スイマーになることを意味します。この反射は約2ヶ月間続くか、またはより長いでしょう。


バビンスキー反射という反射があります。


赤ちゃんの足の親指のストロークソールが丸くなり、他のつま先は広がるでしょう。これは約2年間持続します。