赤ちゃん 下痢 治らない

赤ちゃんの便は通常からちょっと緩めです

baby66

初めての子育ての中では、赤ちゃんに関する全てのことが(ほとんど心配のないような事象も含めて)心配に思ってしまうことでしょう。

 

例えば、睡眠のパターンや食事について、そして、排便のことなどです。

 

 

赤ちゃんは、泣いている理由を説明することができないので、親は赤ちゃんの様子をあらゆる角度からみて理由を探すしかないのです。

 

そんな中に、赤ちゃんの下痢についての心配の声も多く寄せられています。

 

それは、下痢が止まらない、治らないという内容が非常に多いです。

 

赤ちゃんの便通は通常、赤ちゃんが現在食べているもの(母乳や粉ミルク、離乳食など)に基づいて色やにおい、形状が異なります。

 

赤ちゃんの便は、大人に比べると普通は多少は緩い柔らかい状態です。

 

 

赤ちゃんの下痢の状態とは、便が水っぽくなり、回数も頻繁になることから判断できるでしょう。


赤ちゃんの下痢の原因とは?

赤ちゃんの下痢は、食生活の変化から腸の感染症に至るまで、実に様々なことが原因で発生します。

 

次のうちいずれかが赤ちゃんに下痢を引き起こす可能性があります。

 

ウイルス、細菌、または寄生虫によって引き起こされる感染症。
赤ちゃんは汚染された食物や水との接触により、または汚染された表面に触れたあと、口に手を持っていくことによって、下痢を引き起こす細菌やウイルスを体内に入れてしまいます。

 

食物アレルギー

 

あまりにも大量のフルーツジュースを飲む

 

中毒症状

 

 

赤ちゃんに食事を食べさせる前には必ず手洗いを、またおむつを替えた時やバスルームでお尻を洗った場合などももちろん手洗いを頻繁に行いましょう。
頻繁な手洗いと、バスルームとキッチンを清潔に保つことが、赤ちゃんの下痢を防止する重要なポイントとなります。

病院へすぐに連れて行ったほうがよい下痢の症状は?

赤ちゃんにとって下痢とは、体の中から水分と塩(電解質)が失われてしまうので、あまりにも多くの水分と電解質が出てしまうと、脱水症状が起き、非常に危険な状態となってしまいます。

 

脱水症状は、赤ちゃんに非常に迅速に起こる場合があります。

 

大体は、下痢の症状が始まった日から一日か二日以内に起こり、新生児なら非常に危険です。

 

脱水症状の兆候は次のような感じです。

 

排尿が通常よりも少ない。(おむつがあまり湿っていない)

 

口が渇いている

 

泣いていても涙があまり出ていない

 

異常な眠気やぼうっとしている

 

頭の上の柔らかい部分が陥没している

 

肌にハリがなくなる

 

上記のいずれかに当てはまる場合は、急いで医療機関にかかりましょう。

 

 

医療機関では医師は通常、赤ちゃんには下痢止めの薬をお勧めしません。なぜなら、下痢という状態は決して悪い状態ではなく体に入った細菌やウイルスを排出しようとする人間の体の自然な治癒活動の一つですから。

 

とはいっても、赤ちゃんの下痢が治らないのは、母としてはとても不安ですよね。

 

 

 

 

 

医療機関には早めに受診するようにして、もし検査によって脱水症状がみとめられた場合は、点滴を受けることになります。

 

脱水症状まで行かない場合は、赤ちゃんに経口補水液を勧められる場合があります。
それを飲ませることによって、下痢による水分と塩(電解質)の排出分をまた体内に補う事ができます。

 

経口補水液は、地元のスーパーやドラッグストアで購入することができます。

 

治らない下痢は感染症によるものもあるので、感染による下痢の場合は、抗生物質も適宜適切に処方されます。

 

 

赤ちゃんの下痢は長引くことが多々あります。ずっと治らないのでないか、と悲観はしないでください。
まだまだ腸が未熟なために、ちょっとした刺激で便が緩んでしまうのです。

 

下痢の時は、おしりが荒れやすくなるので小まめにぬるま湯などで洗ってあげてください。

 

おしり拭きでふくばかりでは、肌荒れがひどくなるので、タオルで優しく押し当てるように。

 

 

止まない雨はありません。

 

下痢もいつかは止まりますし、腸が丈夫になるにつれて下痢の頻度も減ってくることでしょう。

 

 

 

 

赤ちゃんの下痢が治らない場合はどうしたらいい?関連ページ

赤ちゃんの病気:冬(ノロウイルス)
赤ちゃんの病気対策の冬編です。ノロウイルスやロタウイルスによる感染性胃腸炎、インフルエンザやRSウイルス感染症についての対策です。
赤ちゃんの病気:冬から春(ロタウイルス)
赤ちゃんの病気対策の冬編です。ノロウイルスやロタウイルスによる感染性胃腸炎、インフルエンザやRSウイルス感染症についての対策です。
赤ちゃんのインフルエンザの予防接種、どうする?
赤ちゃんの病気編です。ノロウイルスやロタウイルスによる感染性胃腸炎、インフルエンザやRSウイルス感染症についての対策です。
赤ちゃんの鼻ケア
赤ちゃんの鼻のケアについての有効な手順とコツを載せています。
赤ちゃんの花粉症に関して一般的な症状と対策や治療法をアドバイス
このサイトは、赤ちゃんの花粉症に関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。