赤ちゃん インフルエンザ 予防接種

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種、どうする?

 

冬になり空気が乾燥し出すと、とたんに流行りだすインフルエンザ。インフルエンザは、母親からもらった免疫が効かないので、生後間もない新生児でも感染する可能性があります。

 

 

 

そして、厄介なのは感染力が強く高い熱が出ることで、免疫力や抵抗力が弱い赤ちゃんや高齢者が感染ると重い合併症を起こすこともあるということです。

 

 

赤ちゃんで一番心配なことは、ごくまれに発症する、インフルエンザの合併症であるインフルエンザ脳症でしょう。
恐ろしいことに、「インフルエンザ脳症」は、数時間から1日という短い間に痙攣から意識障害などの重篤な症状を引き起こします。

 

 

 

さて、気になるのは赤ちゃんへのインフルエンザの予防接種を受けるか否かです。

 

赤ちゃん インフルエンザ 予防接種

 

 

 

これに関しては、医療機関でいろいろな見解があります。

 

 

予防接種をすると、インフルエンザにかかっても軽く済むなどと言われていますが、明らかな根拠やデータはありません。

 

 

 

それに、ワクチンはその年に流行りそうな型を予測して作られるので、予想が外れてしまうこともあります。
インフルエンザのウイルスは、年々変異していくので、ワクチンとのイタチごっこを繰り返しているようなものです。

 

 

 

 

インフルエンザワクチンは、重い副作用はあまりないようなのですが、ワクチンには微量の卵成分が含まれているので、卵アレルギーを持つ赤ちゃんは、医師との相談が必要です。

 

 

 

赤ちゃんに関しては、予防接種の効果が大人に比べると低いといいます。確実に合併症や脳症を防げるかというところもあまり正確には分からないみたいです。

 

 

 

 

このような情報をみると、ほとんど気休めのような気もしますが、一度予防接種についてかかりつけのお医者さんと相談してみてもいいと思います。

 

 

 

 

共働きで保育園に預けている赤ちゃんの場合は、集団感染の危険があるので、受けさせることも多いとききます。

 

 

 

 

予防接種をしない場合は、家族全員でインフルエンザウイルスを家の中に持ち込まないように、手洗いとうがいを徹底する、流行時にはマスクを付けて外出する、赤ちゃんを人混みや雑踏の中に連れていかないなどの予防の行動を実践して元気に冬を過ごしましょう。

 

 

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種、どうする?関連ページ

赤ちゃんの病気:冬(ノロウイルス)
赤ちゃんの病気対策の冬編です。ノロウイルスやロタウイルスによる感染性胃腸炎、インフルエンザやRSウイルス感染症についての対策です。
赤ちゃんの病気:冬から春(ロタウイルス)
赤ちゃんの病気対策の冬編です。ノロウイルスやロタウイルスによる感染性胃腸炎、インフルエンザやRSウイルス感染症についての対策です。
赤ちゃんの鼻ケア
赤ちゃんの鼻のケアについての有効な手順とコツを載せています。
赤ちゃんの花粉症に関して一般的な症状と対策や治療法をアドバイス
このサイトは、赤ちゃんの花粉症に関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。
赤ちゃんの下痢について
赤ちゃんの下痢はほとんどは心配のないものですが、中には下痢が続いて治らない場合は別の病気が潜んでいる場合もあるので、気を付けて様子を見守る必要があります。こちらでは、赤ちゃんの下痢の治らない場合についてもアドバイスしています。