赤ちゃん 鼻

赤ちゃんの鼻から粘液を除去する方法

赤ちゃん 鼻

 

乳児の時期の赤ちゃんの鼻は、度々、鼻水がつまり不快な症状を引き起こします。

 

 

鼻風邪をひいたときに、それがどれくらい不快か親は分かっているのでなおさら、
乳児の鼻から鼻水や鼻水状の粘液があふれていたら可哀想に思ってしまうことでしょう。

 

さて、ここではそんな乳児の鼻から不快な粘液を除去して、鼻の通りをクリアにするためのヒントと
手順を説明します。

 

 

1
ひざの上に赤ちゃんを寝かせます。乾燥している鼻や鼻水で汚れている鼻の下の皮膚、上唇を
優しく拭いてあげてください。

 

特に、鼻の下の皮膚は非常に敏感ですので、優しくして、できるだけ時間をかけずに拭きとってあげて
下さい。拭くことで、さらなる荒れを防ぐことができ、鼻吸引器が使いやすくなります。

 

 

2
鼻の中に少量の食塩水を滴らせてください。食塩水とは単なる塩水で構いません。

 

赤ちゃんが食塩水を鼻から吸入しても、それは鼻の粘膜を傷つけることはありません。
ガーゼを用意しておいて、赤ちゃんの目の中に食塩水が入らないようにはしておきましょう。

 

 

3
赤ちゃんを明るい照明の下に置いて、鼻水の状態をよく調べましょう。

 

 

 

 

4
片手で、赤ちゃんの頭をしっかり抱きかかえてください。もう一方の手で、鼻吸引器を良い角度で挿し入れ、
赤ちゃんの体をそっとあなたの前腕で休ませましょう。こうして身動きする赤ちゃんを気遣い、安定させましょう。

 

 

5
赤ちゃんの鼻の穴の一つに吸引器を挿入し、吸引を行いましょう。鼻孔をこすらないように傷つけないように
そっと行いましょう。

 

 

6
赤ちゃんの鼻から吸引器を外して、吸引器から粘液をクリアして、片一方の鼻孔にも同じ処置を行いましょう。

 

 

7
赤ちゃんの鼻が鮮明になるまで鼻吸引器の手順を続行します。

 

 

8
鼻吸引器が上手くできない場合は、熱いシャワーで蒸気があてられたバスルームあるいは加湿機からの蒸気を
使用してみてください。

 

 蒸気は、赤ちゃんの鼻孔を優しく広げ、鼻の通りを良くします。

 

 


赤ちゃんの鼻ケア関連ページ

赤ちゃんの病気:冬(ノロウイルス)
赤ちゃんの病気対策の冬編です。ノロウイルスやロタウイルスによる感染性胃腸炎、インフルエンザやRSウイルス感染症についての対策です。
赤ちゃんの病気:冬から春(ロタウイルス)
赤ちゃんの病気対策の冬編です。ノロウイルスやロタウイルスによる感染性胃腸炎、インフルエンザやRSウイルス感染症についての対策です。
赤ちゃんのインフルエンザの予防接種、どうする?
赤ちゃんの病気編です。ノロウイルスやロタウイルスによる感染性胃腸炎、インフルエンザやRSウイルス感染症についての対策です。
赤ちゃんの花粉症に関して一般的な症状と対策や治療法をアドバイス
このサイトは、赤ちゃんの花粉症に関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。
赤ちゃんの下痢について
赤ちゃんの下痢はほとんどは心配のないものですが、中には下痢が続いて治らない場合は別の病気が潜んでいる場合もあるので、気を付けて様子を見守る必要があります。こちらでは、赤ちゃんの下痢の治らない場合についてもアドバイスしています。