赤ちゃん 夜泣き いつから

赤ちゃんの夜泣きはいつから始まるの?

赤ちゃん 夜泣き いつから

 

ほとんどの赤ちゃんは2〜4ヶ月で一晩中眠るようになります

 

 

しかし、家族のスケジュールや環境によってぐっすり眠るまでに時間がかかることがあるようです。

 

新しい研究成果では、赤ちゃんの夜泣きで睡眠時間を削られてげっそりしているパパママに、何らかの救済を提供してくれます。

 

 

 

ほとんどの赤ちゃんは、生後2〜4ヶ月の間に一晩中ぐっすり眠るようになります。あらゆる調査によると、家族の睡眠スケジュールに合わせるような8時間睡眠をするようになります。

 

 

赤ちゃんの睡眠の中での最も急速な変化は、以前の研究では生後4ヶ月くらいだとされていましたが、現在だと赤ちゃんによっては、生後2ヶ月くらいから睡眠リズムが整うこともあるとされています。

 

 

ところが、やはりそう簡単にはいかない場合が多いですよね。1歳を過ぎてからも、夜泣きしてしまう子もいますし、3ヶ月くらいまではぐっすり眠っていたのに、6ヶ月過ぎてから、突然夜泣きしてしまうパターンも多いようです。

 

 

 

 

さて、赤ちゃんの夜泣きはいつから始まるか・・、赤ちゃんの成長に伴う生体リズムに沿うならば、上記に書いた通り、2〜4ヶ月ぐらいで、夜泣きは収まり、ぐっすり寝てくれるはずなのです。

 

 

 

4ヶ月を過ぎてからの赤ちゃんの夜泣きには、色々な原因があるようです。

 

基本的には、昼間の過ごし方や寝る前の周りの環境がとても影響を及ぼします。

 

 

4ヶ月の時点でまだ夜泣きが激しい場合は、その時期から良い睡眠習慣を構築することをおすすめします。

 

箇条書きにして述べると例えばこういうことを実践してみると良いでしょう。

 

 

 

赤ちゃんの夜寝る時間を設定し、(例えば夜9時くらい。赤ちゃんはお昼寝時間が多いのでこのくらいの時間に寝かせても大丈夫です。成長に伴い夜にまとめて眠るようになってきます。)その時間に赤ちゃんが起きていても、ベビーベッドに寝かせる。

 

 

照明を落として(間接照明など)赤ちゃんを眠る状態にするために抱っこしたり側にしばらく寄り添ってゆったりと子守唄を歌って過ごしましょう。(くれぐれも先に眠らないように・・・)

 

 

赤ちゃんが真夜中に目を覚ます場合は、すぐに側に行かずに、しばらく様子見しましょう。こうやって、一人で解決する時間を与えていきます。

 

 

赤ちゃんの夜泣きが激しい場合は、すぐ抱っこして慰めてしまいがちですが、真夜中だと抱っこする体力もないですよね・・。なので、赤ちゃんの背中をこする、静かな声で話す、を繰り返してそのまま部屋を退出してしまっても良いでしょう。

 

 

 

4ヶ月過ぎの赤ちゃんは、段々と周りの物事を感知し始めていますので、背中を優しく撫でられて静かになだめられた後、親の姿が見えなくなることを繰り返すと、段々と諦めて眠るようになってきます。

 

 

 

初めは、ムリしないで下さい。抱っこしてから次の夜にまたトライしてみてください。

 

 

 

初めから、上手くはいきませんが、抱っこする時間を段々短くすることから、抱っこをしない、部屋を退出するまでのプロセスを1日1日と積み重ねていって下さい。

 

これで大体1週間くらいで、大体の赤ちゃんは夜眠るようになり、体の不調や生理的欲求以外での夜泣きは改善されることでしょう。

 

 

赤ちゃんは成長するに従って、昼間に色々なものを見て聞いて、情報が次から次へと雪崩れ込むことによって、興奮状態に陥ることが多々あります。

 

 

4ヶ月過ぎからの夜泣きは、成長過程の1つの目安となりえます。

 

 

 

 

そのうち、昼間の生活にも慣れてきますので、ご自身の無理のないように少しずつ良い睡眠習慣を付けさせるようにしてあげてくださいね。

 

fatimamorocco↓ママがつらいときには、おしゃぶりのチカラも借りて下さいね。
「ヌークのおしゃぶり・ジーニアスは赤ちゃんが好んでくれるか検証!」

 

 

 

 

 

 


赤ちゃんの夜泣きはいつから始まるの?関連ページ

赤ちゃんの寝かしつけ方
赤ちゃんの体って、不思議。このサイトは、赤ちゃん育児に関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。
続:赤ちゃんの寝かしつけのコツ
このサイトは、赤ちゃんの寝かしつけに関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。
成長過程の赤ちゃんが泣く5つの理由と対処法
このサイトは、赤ちゃんの泣く理由に関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。