赤ちゃん 寝かしつけ方

赤ちゃんの寝かしつけ方

赤ちゃん 寝かしつけ


赤ちゃんは、生まれながらの偉大な眠りの達人です。しかし一方で、なかなか寝付けない赤ちゃんもいます。生まれたばかりの赤ちゃんは、特に眠りに入る時にぐずったり、夜の間頻繁に起きることも多く大変です。

 

まず、赤ちゃんが十分食べたり飲んだりして、満足しているか機嫌がいいかを確認してください。うまく育てられた赤ちゃんは幸せな赤ちゃんです。

 

 

1歳間近で離乳食も進んでいる赤ちゃんが夜中に頻繁に目覚める場合、それは離乳食よりもほぼ完全食を食す準備ができている可能性があります。その時点で、赤ちゃんがまだ哺乳瓶でミルクを飲み、既に完全食を開始している場合、哺乳瓶で与えるミルクの量を減らし、より多くの食事を与える時期にきています。

 

 

昼間は退屈しないように、遊びの機会をたくさん与えてあげてください。毎日赤ちゃんを刺激することは非常に重要です。アクテビティジムなどの運動や学習できるおもちゃは、赤ちゃんの脳を開発するので、大変いいです。

 

 

外の新鮮な空気はまた、赤ちゃんの良好な眠りに重要です。赤ちゃんが遊びに外へベビーカーで散歩に出ることは、赤ちゃんの体内時計を設定するのに役立ちます。体内時計は昼間の運動で刺激され、赤ちゃんに昼間は起きている時間であること、夜間は寝る時間であることを認識させます。

 

 

いい就寝時間を体内時計が設定すると、赤ちゃんは決まった睡眠パターンで寝るようになります。

 

 

 

 

では、どのようにして寝かしつけをしていったらいいのか説明しましょう。まず、赤ちゃんを寝かしつける前のパターンを作ることが重要です。それは、赤ちゃんが、日中または夜間の各ポイントで何を期待するのか知っておくと役立ちます。例えば睡眠に入る前に、歯を磨いて電灯を暗くし、絵本を読むことなど、です。ベビーマッサージをしてあげることなども、就寝前の赤ちゃんをリラックスさせるいい方法です。

 

 

 

それから、寝る前の赤ちゃんを興奮させないようにしましょう。彼らが夜中に目を覚ます場合は、ぼんやりと周りの状況が分かる程度の照明は付けておいた方がいいです。赤ちゃんを寝かしつけるときは、柔らかい静かな声を使ってください。おむつの様子もさりげなく確認してください。照明は暗く保ったままおむつの交換をしてください。

 

 

 

夜中に赤ちゃんが泣いた時に、ベッドから赤ちゃんを抱っこするべきか、抱きぐせがついてしまわないか心配という声をよく聞きます。6ヶ月未満の赤ちゃんのためには、その限り、赤ちゃんが望むように抱っこしても大丈夫です。生後6ヶ月後に、試してみて、ベビーベッドから抱き上げる回数を減らしていきましょう。

 

 

 

赤ちゃんは寝入る前、数分間大泣きします。その後、勝手に寝てしまうこともあります。それで、散々泣くのを放ったらかしで、自然に寝入るのでそれでいいというお母さんもいます。私はそれは、同意しません。赤ちゃんは15分以上泣いている場合、あなたを必要としています。おむつが汚れているわけでもなく、ミルクを欲しがっているわけでもない場合、それはあなたからの愛情を欲しがっている「大泣き」なのです。

 

fatimamorocco↓すごく疲れてしまうときには、おしゃぶりのチカラも有効です♪
「ヌークのおしゃぶり・ジーニアスは赤ちゃんが好んでくれるか検証!」

 

 

 

 

ほとんどの赤ちゃんの寝かしつけ方の問題は、一日か二日では解決できません。淡々と毎日、寝かしつけのパターンを続けていきましょう。それらの問題は永久には続きません。ある夜、唐突に終わることもあります。


赤ちゃんの寝かしつけ方関連ページ

続:赤ちゃんの寝かしつけのコツ
このサイトは、赤ちゃんの寝かしつけに関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。
成長過程の赤ちゃんが泣く5つの理由と対処法
このサイトは、赤ちゃんの泣く理由に関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。
赤ちゃんの夜泣きはいつから始まるの?
このサイトは、赤ちゃんの夜泣きに関する情報を色々な角度から見つめ、良質なアドバイスをするように努めています。是非、お役立て下さい。